授乳中 便秘薬 赤ちゃんへの影響

授乳中でも飲める便秘薬|赤ちゃんに影響の少ないものを服用

赤ちゃんに母乳をあげている間は、できるだけ薬は飲まないほうが良いですね。薬を飲むと血液の中に薬の成分が入り、体をめぐることで力を発揮します。母乳はお母さんの血液から作られているので、血液に薬の成分が入っていれば、母乳にも含まれてしまいます。

 

 

当然、薬の成分が入った母乳を赤ちゃんが飲んでしまうと、赤ちゃんも薬の成分を摂取することになってしまいます。小さな赤ちゃんには出来るだけ負担をかけさせたく鳴りですよね。

 

 

ただ、お腹の中に便を長い間、溜め込んでしまうことも母乳に悪影響を与えます。腸の中で便は腐敗し、有毒ガスが発生します。有毒ガスは腸壁から吸収され、血液に入り込み全身に流れます。母乳にも入ってしまうので、赤ちゃんへの悪影響が考えられます。

 

 

また、腹痛やお腹の張りなど体調不良が続くと、そのストレスで母乳も質も低下してしまうことが考えられます。

 

 

赤ちゃんのためにも、お母さんはしっかりと、便秘対策をすることが大切です。しかし、それでも便秘になってしまうことはあります。症状が悪化してしまった時には、便秘薬に頼ること必要です。

 

 

ただし、便秘薬を使うときには、できるだけ市販薬ではなく、病院を受診して処方された薬を利用してください。病院で受診する際に、授乳中であることを医師に伝えれば、赤ちゃんに出来るだけ影響の少ないものを処方してもらえます。

 

 

市販されているほとどんどの便秘薬にはセンナ、ダイオウ(大黄)、アロエという成分が入っています。これらの成分は強い作用を持っているのですが、副作用も強いです。赤ちゃんへの悪影響も考えられるので避けてください。

 

 

病院で処方される副作用が少ない便秘薬

ラキソベロン

腸の粘膜を刺激し、動きを活発にさせることで溜まった便の排泄を促す薬です。妊娠中に処方された人も多いと思います。液状の薬なので、酷い便秘の時は多めに、軽いときは少なめと服用量を微調整することが出来ます。

 

 

また、腸からの吸収がほとんど無いので、母乳の中に薬の成分が入りにくく、赤ちゃんへの影響もほとんどありません。(一度に大量に飲んでしまうと赤ちゃんに悪影響を与える可能性はあります。)

 

 

注意点は、薬にのみ頼らないことです。薬で排泄を促すので、排泄力(排便力)を使う必要がなくなりその力は弱くなります。結果的に、便秘を悪化させてしまうことがあります。薬と併せて、食生活、生活習慣の改善も行ってください。

 

 

マグミット(酸化マグネシウム)

マグネシウムには腸の動きを良くし、さらに便の中に水分を引き寄せる働きがあります。このマグネシウムを錠剤にしたのがマグミットです。ラキソベロンよりも、効果がゆっくり現れるので、体への負担が少なくて済みます。

 

 

レシカルボン坐薬

硬くなった便により肛門が塞がれていると、食生活の改善や便秘薬により便が柔らかくなっても、排泄できません。そんなときに効果的なの坐薬です。

 

 

レシカルボン坐薬はお尻に入れると、腸の中に炭酸ガスを発生させます。この炭酸ガスで、腸の中を刺激して排便を促します。自然な排泄と同じような排泄を促すので体への負担が少なく、胃腸からの吸収もほとんどないので安心して使える薬です。

 

 

浣腸

坐薬と同じようにお尻から入れて、腸内を刺激することで排泄を促進します。ただ、浣腸は刺激が強く、腹痛を引きおこしてしまうことがあるので使用するときは注意が必要です。

 

 

トップページへ戻る