会陰切開が気になっていきめずに便秘

会陰切開の傷が気になっていきめない|力を入れずにスッキリ

出産後は会陰切開して縫った部分が開いてしまいそうで、トイレでいきむのが怖いですよね。でも安心してください。縫った部分と肛門は場所が違うので、排便しても縫った部分が開くことはありません。>

 

 

と言われても、頭で分かっていても、体が排便を避けてしまうこともあると思います。しかし、傷口が怖いからと言って、あまりに便意を我慢するのは体にも母乳にも良くありません。

 

 

どうしても不安で排便できないときには、産院に相談して下剤を処方してもらってください。下剤でウンチが柔らかくなれば、力を入れていきむ必要も無くなるので、不安を減らすことは出来ると思います。

 

 

産院であれば、お母さんと母乳を飲んでいる赤ちゃんにも影響を与えない安全な薬を処方してくれます。市販品は、赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性がある成分が含まれている場合もあるので避けましょう。

 

 

下剤を使ってもすぐにクセになることはないので安心してください。もちろん下剤にだけ頼り、使い続けてしまうと体が下剤になれ、効果が出にくくなり、さらに量が増えてクセになってしまうことはあります。

 

 

なので、下剤を使いながら、ウンチが硬くならないように食生活の改善も行ってください。ウンチを硬くしない食生活については、こちらの記事を参考にしてください。