産後の臭いおならを解消するには

産後の臭いおならを解消|食生活でおならのニオイを減らす

出産が終わると、お通じが良くなることが多いです。しかし、気を抜いてしまうとすぐにお通じが悪くなるので気をつけてください。特に、母乳をあげている人は、水分不足にあり便が硬くなりがちなので、注意が必要です。

 

便秘になると、お通じの回数が減ったり、便が硬くなることはもちろんですが、オナラが異常に臭くなってしまいます。そんな臭くなったおならの臭いを減らすためには、食べ物に注意することが大切です。

 

おならを臭くする食べ物

私たちが食べた物は、胃や小腸で消化吸収されて、大腸に送られます。大腸の中で食べ物は、腸内細菌により分解され、ガスが発生します。このガスは、何を食べたかによって発生する量やニオイが違います。

 

 

サツマイモを食べるとおならがたくさん出ますよね。しかし、イモ類や豆類などの炭水化物から発生するガスの量は多いのですが、臭いはそれほどありません。

 

 

しかし、肉や魚などの動物性タンパク質から発生するガスの量は少ないですが、とても臭いガスが発生します。他にも、卵やネギ、ニンニクなども食べ過ぎてしまうと、おならが臭くなってしまいます。おならのニオイが気になるときはこれらの食べ物の量を減らしてみてください。

 

 

腸内環境の悪化がおならを臭くする

腸内には100兆個にもおよぶ腸内細菌が住んでいます。この腸内細菌の中には、体にとって良い働きをする善玉菌、悪さをする悪玉菌がいます。悪玉菌が多いと腸の動きが鈍くなるため、便が出にくくなります。

 

 

お腹に溜まった便は、腐敗してしまうので臭いガスがたくさん発生します。この臭いガスがオナラとなって出ます。さらに、臭いガスは大腸の壁から吸収され、血管に入るため、血液が汚れます。

 

 

この血液が全身に送られ、肩こりや頭痛などの体の不調を引き起こしてしまうことがあります。なので、出来るだけ腸内環境を整えるような食事をすることも大切です。

 

 

乳酸菌
乳酸菌が多く含まれている食べ物を食べると、腸内環境が良くなり、善玉菌の住みやすくなります。乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれていることが知られていますが、今注目されているのが植物性乳酸菌です。

 

 

植物性乳酸菌は、納豆、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品にたくさん含まれています。生命力が強いため、胃の中でも死滅しにくいので、生きたまま腸に届き、効果を発揮します。

 

 

オリゴ糖
オリゴ糖は、胃で消化されずに大腸に届き、ビフィズス菌の栄養源となります。つまり、オリゴ糖を摂るとすでに腸内に住んでいるビフィズス菌(善玉菌)を元気にし、数を増やすことができます。

 

 

オリゴ糖を含む食べ物は、大豆、たまねぎ、キャベツ、蜂蜜、牛乳、ヨーグルト、バナナなどがありますが、どれも含んでる量は少ないです。十分なオリゴ糖を摂ろうとすると食べすぎになってしまうので、製品化されたオリゴ糖を使った方が良いです。

 

 

オリゴ糖の詳しいことはこちら