授乳中のガスだまりをを解消

授乳中のガスだまりをマッサージで解消|誰でも簡単にできる

便秘になると腸の中に溜まった便が腐敗して、ガスの発生が増えます。腸の動きが活発であれば、ガスはオナラとして排泄されますが、腸の動きが低下している便秘時にはガスは溜まる一方です。

 

 

溜まったガスにより、腸の中の圧力が上がることでお腹の張りや下腹にチクチクとした痛みが起こります。そんなお腹に溜まったガスは”の”の字マッサージで抜けることがあります。

 

 

『の』の字マッサージで下腹の痛みを解消

まず、右半身を下にして、横になります。このとき、右腕を頭の下に置くと、姿勢が安定します。そして、左手を開いて、お腹の上に乗せて『の』の字を描くように動かします。

 

左手には力を入れず、優しくさするような感じです。深呼吸をしながら5〜10分くらい行ってください。マッサージ中に、ガスを出そうと無理にいきんだり、お腹に力を入れないようにしてください。就寝前に、布団の上で行うのがお勧めです。

 

 

湯船に浸かりながらマッサージを行うとさらに効果が高まります。湯船にゆっくり浸かると、腸が温まり動きが活発になるので、ガスの抜けが良くなります。

 

 

湯船の温度は、38℃程度のぬるめにしてください。熱すぎると、体が緊張してしまい効果が減るので、ぬるめのお湯にみぞおちから下だけ浸かる半身浴が特にお勧めです。

 

 

ガスがたまることを本当に防ぐには

マッサージを行うと一時的に症状が改善することもありますが、根本的な解消にはなりません。ガスの発生を減らし、ガスが発生してもしっかり排泄できるようにしなければ、本当の解決にはなりません。

 

 

そのためには、腸の動きを活発にする必要があります。腸がしっかり動いていれば、便が腸内に留まることが減るので、便の腐敗によるガスの発生が減ります。また、ガスの排泄もしっかり行えるようになります。

 

 

大腸の動きを活発にするには