一週間以上出なくてお腹が痛い|適切な下剤と生活習慣改善で解消

一週間以上便が出ない酷い便秘を解消するためには、下剤
の力をかりながら、食生活などの生活習慣を改善していく
必要があります。下剤には副作用がありますが、症状に合った
ものを使うことで副作用を減らすことができます。

 

 

症状に合った下剤を個人で判断するのはなかなか難しいと
思います。また、授乳中はお母さんが飲んだ薬の成分が
母乳を通して赤ちゃんに伝わってしまう可能性があるので
病院を受診して、処方されたものを使いましょう。

 

 

市販されているほとんどの下剤にはアロエ、センナ、大黄と
いう成分が使われています。これらの成分は、即効性がある
のですが、お腹が痛くなるなど副作用がとても強いので注意
が必要です。

 

 

また、使い始めたころは効果があるのですが、長く使い続け
ると排便力が低下する、便が溜まっても便意を感じなくなる、
腸を痛めてしまうなどの症状も引起してしまう可能性があり
ます。

 

 

病院で処方される薬

 

ラキソベロン
ラキソベロンは妊娠中に処方されることも多い下剤です。
大腸を直接刺激することで、排便を促します。大腸から吸収
されることがないので、一度にたくさん使わなければ、母体
にも母乳を飲んでいる赤ちゃんにも影響は少なくてすみます。

 

 

ただし、薬により大腸を刺激して排便を促すので、長く薬の
力に頼ってしまうと、排便する力が徐々に低下してしまい
ます。そのため、薬の使用量が徐々に増えてしまうことが
あるので、注意してください。

 

 

マグミット(酸化マグネシウム)
魚介類、海藻類、豆類に多く含まれているマグネシウムは
便に含まれると、水分を引き寄せて便を柔らかくする働きが
あります。そんなマグネシウムを薬にしたのがマグミット
(酸化マグネシウム)です。

 

 

薬で腸を刺激して排便を促すのではなく、便を柔らかくする
ことで排便を促すので、体への負担が少ないです。
また、胃腸から吸収させる量もほとんど無いので、安全な薬
です。

 

 

レシカルボン坐薬
レシカルボン坐薬を肛門から挿入すると、腸内で炭酸ガスが
発生します。発生したガスが腸を刺激することで、排便を
促します。自然な排便に近い状態を作り出すので、安全な
薬です。

 

 

硬くなった便が肛門をふさいでいるときには、レシカルボン
坐薬が効果的です。肛門がふさがれていると下剤を使っても、食生活を改善しても効果が出にくいので、まずは肛門にふた
をしている便を取除くことが必要となります。

 

 

坐薬と同じように、肛門から挿入して腸内を刺激するものに
浣腸がありますが、坐薬に比べ刺激が強いので、使用する際
には注意が必要です。