お腹の張り 食欲がない 善玉菌

お腹が張って食欲が無い|善玉菌を増やして腸内環境の改善が必要

便秘が続くと腸の中で発生するガスの量が多く、さらに排泄
も上手く出来ないので、腸が膨張します。
膨張した腸は上にある胃を圧迫してしまうため食欲が
無くなることがあります。

 

 

腸に溜まった便、ガスを排泄するためには、腸の動きを活発
にすることが必要です。そのためには、腸内にいる善玉菌を
増やし、悪玉菌を減らさなくてはいけません。

 

 

腸内細菌のエネルギー源は、私達が口にする食べ物です。
つまり、善玉気を増やして、悪玉菌を減らすためには、
善玉菌のエネルギー源となる食べ物を積極的に取り、
悪玉菌のエネルギー源となる食べ物を減らすことが必要です。

 

 

善玉菌のエネルギー源となるのは食物繊維、乳酸菌、オリゴ
糖です。逆に悪玉菌のエネルギー源は、高脂質、高タンパク
の食べ物です。

 

 

善玉菌のエネルギー源

食物繊維
食物繊維は、大腸に住んでいる腸内細菌により分解されると
酸が発生し、腸内が酸性になります。酸性になった腸内では、
悪玉菌の増殖が抑えられるため、善玉菌の住みやすい腸内
環境になります。

 

 

また食物繊維は、腸の動きを活発にする、便の量を増やす、
便を柔らかくするなどの働きがあります。ただし、間違った摂取
方法をしてしまうと、便秘が悪化することもあるので気をつけて
ください。

 

 

食物繊維には、豆類や野菜、根菜などに多く含まれている
不溶性食物繊維、海草やこんにゃく、果物などに多く含まれ
ている水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維は、
便の量を増やす、腸を刺激して動きを活発にし、水溶性
食物繊維はは便に含まれる水分量を増やして、柔らかくします。

 

 

この2種類の食物繊維をバランスよく食べることが重要です。
どちらか一方だけを食べてしまうと、便秘を悪化させることも
あります。例えば、腸の動きが悪いときに、サラダばかりを食べ
ると、便の量だけがどんどん増えてしまい、余計に腸に便が
溜まってしまい、症状が悪化します。

 

 

 

乳酸菌
ヨーグルトなどの乳製品やキムチや納豆などの発酵食品に
含まれている乳酸菌を摂ると、腸内が善玉菌の住みやすい
環境にすることが出来ます。特に、発酵食品に含まれている
乳酸菌は、生命力が強いため胃で消化されずに、生きた
まま腸に届くので高い効果が得られます。

 

 

ただし、外から入ってきた乳酸菌が腸内に住み着くことは
ほとんどありません。
そのためヨーグルトは毎日食べることが必要と言われます。

 

 

オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の1つビフィズス菌のエネルギー
源となります。すでに腸内にいる善玉菌を活発にさせるので、
便秘に対し高い効果が期待できます。ただし、食べ物に含ま
れているオリゴ糖は少量なので、十分な量を摂ろうと思うと、
食べ過ぎになってしまいます。

 

 

オリゴ糖として製品化されたものがあるので、そちらを利用
した方が効率良く摂取できます。

 

 

悪玉菌のエネルギー源

高タンパク、高脂質は悪玉菌を増やします。欧米風の食事に
は、卵や肉など高タンパク、高脂質の食材が多く使われて
います。なるべく欧米風の食事を減らし、穀物、野菜が中心
の日本食を増やすようにしましょう。