食物繊維 便通が悪化 サラダ

野菜ばかり食べると便が詰る|食物繊維のとり方には注意

便秘には食物繊維が良いと聞いて、サラダなどで野菜を
とにかく食べる。でも、なぜか便秘は解消されずに、下腹が
ぽっこり、お腹の張りは悪化している なんてことはありま
せんか?

 

 

野菜などの食物繊維が便秘に効果的といわれる理由は、
食物繊維により便の量が増え、便通が良くなるからです。
しかし、腸の動きが悪くなり便秘になっている人が
便の量を増やしてしまうと、余計に便が詰まります。

さらに、食物繊維からはガスがたくさん発生するので、症状
はさらに悪化します。

 

 

食物繊維には2種類ある

玄米などの穀物、ごぼうなどの根菜類、キャベツやセロリなど
の野菜には、水に溶けない不溶性食物繊維が多く含まれて
います。この食物繊維だけを水も取らずに食べてしまうと
便の量が増え、硬くなり便秘の症状が悪化します。

 

 

もちろん不溶性食物繊維にも、腸を刺激して動きを促すなど
便秘に良い効果もあります。注意する点は、食べ過ぎないこと、
水分をしっかり摂ること、また水溶性食物繊維と一緒に食べる
ことが重要です。

 

 

わかめなどの海藻類、こんにゃく、果物には水に溶ける水溶性
食物繊維がたくさん含まれています。この食物繊維は水に
溶けるとゼリー状になり便を柔らかく、滑らかにするので排便を
スムーズにします。

 

 

この2種類の食物繊維をバランスよく食べて、便秘を改善
させましょう。