口周り 吹き出物 大人にきび

口周りに大人ニキビができやすい|腸内で発生する有害物質を排泄

慢性的な便秘は、吹き出物、肌荒れを引起します。
口から入ってきた食べ物は、胃や腸で消化吸収され、カスと
なり大腸に運ばれてきます。食べ物のカスの中にわずかに
残った水分や栄養を吸収します。

 

 

しかし、大腸の動きが鈍いと大腸の中に食べ物のカスが長い
間滞在してしまいます。すると、食べ物のカスは腐ってしまい、
有害物質となり、毒素を発生します。

 

 

その毒素は、腸壁から吸収され、血液に混じり全身に送られ
ます。そして、毒素は毛穴を通じて排泄されるのですが、
その時に吹き出物を引き起こします。また、毒素は新陳代謝
を低下させるので、肌荒れの原因にもなります。

 

 

吹き出物、肌荒れを防ぐためには、腸の動きを活発にさせ、
食べ物のカスをなるべく早く排泄させることが重要です。

 

 

食事に気をつける

欧米風の食事を減らし、日本食を増やしましょう。
日本食には穀物、根菜類、野菜など腸の動きを活発にさせる
食材がたくさん使われています。欧米風の食事には、腸の
動きを悪くする卵や肉、油がたくさん使われています。

 

 

筋肉を鍛える

排便するためには腹部を中心とした筋肉が必要となります。
しかし、加齢や運動不足により、これらの筋力が衰えてしま
い、便秘になってしまいます。筋力の衰えは、便秘になる
もっとも多い原因とも言われています。

 

 

 

解消するためにも腹筋を鍛えましょう。腹筋は、きつい運動
をしなくても、散歩をすることで鍛えられます。ただし、
ダラダラと歩いてはあまり効果は得られません。背筋を伸ばし、
ちょっとお腹に力を入れて、大きな歩幅でリズムよく歩いて
ください。

 

 

規則正しい生活

大腸の動きは、自律神経によりコントロールされています。
自律神経は不規則な生活をしていると狂ってしまうので、
早寝早起きを心がけ、しっかりと睡眠時間をとってください。