腰痛 重い痛み 血行

負担をかけていないのに腰痛|腸に溜まった便が血行が悪くする

腰に負担をかけていないのに、腰がだるい、重い痛みがある
ときには、腰周りの血行が悪くなっている可能性が高いです。
血行が悪くなると、筋肉内で作られた老廃物が排泄されにく
くなるため痛みが発生します。

 

 

血行不良による腰痛を解消するためには、患部を温める、
適度な運動で腰周辺の筋肉をほぐす、便秘を解消する
ことが必要です。

 

 

患部を温めると、固まった筋肉がほぐれ、血液の流れがよく
なります。腰を温める一番効果的な方法は、ぬるめの湯船に
ゆっくり浸かることです。ただし、ぎっくり腰など急性の腰痛の
ときは、冷やすことが大切なので、湯船は避けてください。

 

 

長時間椅子に座ったり、無理な姿勢を続けると筋肉が硬く
こわばってしまい、血行が悪くなります。ウォーキングなど軽い
運動をして筋肉をほぐしてあげましょう。また、運動をする
ことで、腰周りの筋肉が鍛えられ、腰への負担を減らすこと
にもつながります。

 

 

便秘になると、腸の中に溜まった食べ物が腐敗し、ガスが
発生します。そのガスは、おならとして排泄されますが、
中には腸の壁から吸収され、血液に混じるものもあります。
このことにより血液が濁り、流れが悪くなります。

 

 

便秘を解消するためには、バランスの取れた食事、適度
な運動、そして、規則正しい生活をすることが大切です。