便秘 下痢 食物繊維

下痢と便秘を繰り返す|間違った食物繊維の摂り方では症状が悪化

便秘でなかなか便が出なくて、やっと出たと思ったら下痢
だったり、コロコロしたうさぎのような便だったり、残便感
を感じたり。このような便通異常を起こしているときには、
けいれん性便秘の可能性があります。

 

 

けいれん性便秘とは、精神的なストレスや不規則な生活に
より自律神経が乱れ、腸が異常に緊張してしまい上手く
動かなくなってしまう便秘です。

 

 

この便秘を解消するためには、ストレスをなくすことが一番
なのですが、現代社会でストレスをなくすことはほぼ不可能、
なので、溜まったストレスを少しでも早く解消しましょう。
趣味であったり、ゆっくり入浴したり、軽い運動で汗を流す
ことが効果的です。また、夜更かしを避け、規則的な生活を
することも大切です。

 

 

便秘のため食物繊維をたくさん摂っている人もいると思いますが
けいれん性便秘のときは摂って良い食物繊維、
悪い食物繊維があるので注意が必要です。

 

 

玄米などの穀物やごぼうなどの根菜類、キャベツなどの野菜
に多く含まれている食物繊維は、水に溶けないため不溶性
食物繊維と言われます。この食物繊維は、腸を刺激して動き
を活発にして便通を改善します。しかし、けいれん性便秘は
腸が過敏になっているので、刺激すると症状が悪化します。

 

 

海藻類やこんにゃく、果物などに多く含まれている食物繊維
は、水に溶けるため水溶性食物繊維と言われます。この食物
繊維は、水に溶けるとゼリー状になるため、腸を刺激しません。
また、便に含まれると水分を保つので、便が柔らかく、腸の中を
スムーズに移動させることが出来ます。

 

 

他に腸を刺激してしまう唐辛子などの刺激物、アルコール、
ニンニクなどは避けたほうが良いかもしれません。
食べ物はよく噛んで食べてください。噛むことで食べ物が
小さく噛み砕かれ、さらに唾液と混じることで消化が良く
なるため、腸への負担を減らすことが出来ます。