ヨーグルト 乳酸菌 便秘

ヨーグルトを食べても便秘がよくならない|乳酸菌は生きて腸に届かない

たくさんのヨーグルトを食べているのに、便秘が改善しない、
摂取カロリーばかり増えて太った、コレステロールが上がった
という人も多いと思います。

 

 

ヨーグルトには、善玉菌の1つ乳酸菌がたくさん含まれて
いるので便秘に効果があると言われています。しかし、
乳酸菌は、胃に入ったときに胃酸によりほとんどが死滅
してしまい、生きたまま大腸に届きません。

 

 

もし、届いたとしても、大腸からは異物とみなされてしまう
ので、排泄されてしまいます。つまり、ヨーグルトに含まれ
ている乳酸菌が大腸に住みつくことはほとんどありません。
胃酸で死滅した乳酸菌の死骸は大腸に住んでいる善玉菌
のエサとなるので、少しは効果はあると思いますが。

 

 

最近は、キムチなどの発酵食品に含まれている植物性乳酸菌
や生命力が強く、生きたまま腸に届く乳酸菌を含んだ食べ物
が増えています。確かに生きたまま腸に届くかもしれませんが
やはり異物とみなされ、大腸に住みつくことはまれです。

 

 

ヨーグルトや発酵食品を毎日食べて、大腸に乳酸菌を送り
続けると効果は期待できますが、食べるのを止めると乳酸菌
はいずれなくなるので、効率は良くないですよね。
特に、ヨーグルトは動物性脂肪なので摂取カロリーが増えて
しまうのも難点です。

 

 

大腸の中にいる善玉菌を増やすには、すでに住みついて
いる善玉菌を元気にしてあげる方が効果的です。
なので、善玉菌のエサとなる食べ物を多く食べるようにしましょう。
善玉菌のエサについてはこちら