禁煙 ニコチン 母乳

禁煙で硬くなった便を柔らかくするには|便秘薬と食生活で改善

妊娠中はしっかり禁煙できていたのに、出産後に安心
したのと、育児のストレスからタバコを吸ってしまう人が
います。しかし、タバコを吸うとニコチンなどの有害物質が、
ママの血液を介して、母乳にも入り込むのでもう少し間、
我慢しましょう。

 

 

ニコチンを含んだ母乳を赤ちゃんに飲ませてしまうと、腹痛
や下痢を引起してしまうことがあります。また、元気だった
赤ちゃんが突然死んでしまう乳幼児突然死症候群になる
可能性も高めてしまいます。

 

 

さらに、タバコを吸うと母乳の分泌量が減ってしまうことも
あります。タバコは百害あって一利無しです。

 

 

タバコを吸うと便秘が解消する
と言われることがありますが、これは間違いです。タバコ
に含まれるニコチンには下痢を引起す作用があるため、
便秘の人がタバコを吸う事で普通の排便になっている
だけです。

 

 

禁煙中はニコチンによる下痢を引起す作用が無いため、
便秘の人は、腸の中に便が滞在する時間が長くなります。
すると、便の中に含まれている水分がどんどん吸収され
てしまい、硬くなります。硬くなるとさらに排便することが
難しくなります。

 

 

そんなときには、酸化マグネシウム(マグミットなど)を服用
しながら、食生活の改善を行いましょう。
酸化マグネシウムは、便の中に水分を引き寄せて柔らかく
する作用があります。また、身体に吸収されることもほとんど
無いので、授乳中でも安心して使うことが出来ます。

 

 

便を柔らかくする食生活についてはこちらの記事で説明して
います。