いきんでも便が出ない

いきんでも便が出ない|肛門を塞いでいる硬い便を排泄したい

肛門付近に便が溜まっている気がするのに、いきんでもなかなか出ないことがあります。そんなときは、下剤を使っても、水分をたくさん飲んでも、食物繊維を摂っても解消しません。

 

 

なぜなら下剤や水分、食物繊維は大腸で効果を発揮するのであり、大腸を通過して肛門に溜まっているカチカチの便には作用しないからです。そんな肛門で溜まっているカチカチの便を出すためには、便秘があるか、無いかによって対処方法が異なります。

 

 

便意を感じている場合
便意を感じているのに、硬くなった便が肛門を塞いでいて出せない場合は、浣腸が効果的です。浣腸の作用で、肛門を塞いでいる便を柔らかく、滑りを良くすることで排便を促します。

 

 

もし、浣腸を使っても出ないときは肛門に指を入れて便をかき出す摘便という方法があります。ただし、素人判断でで摘便を行うと肛門に傷をつけてしまうことがあるので、まずは病院に相談してください

 

 

便意を感じない場合
便意が無ければ、肛門が緩まないので上手く排便することができません。そんな時は、レシカルボン坐薬が効果的です。レシカルボン座薬は、お尻の中に入るとカプセルが溶けて、炭酸ガスが発生します。このガスが腸内を刺激することで便意を促してくれます。

 

 

自然に起こる排便と近い状態を作ることができ、腹痛も少なく、さらには依存性も少ないため、安全な薬と言われています。

 

 

トップページに戻る