食物繊維でお腹が張る

食物繊維を摂るとお腹が張る|間違った方法では症状は悪化

便秘を解消するためには食物繊維が効果的と言われ、ごぼうやキャベツなど野菜をたくさん食べている人が多いと思います。しかし、食物繊維は食べ方を間違ってしまうとお腹が張るなど便秘の症状が悪化してしまうことがあります。

 

 

ダイエットなど食事制限をすることで便秘になることがあります。食事の量が減るので、便の量も減るため、あまり排便できずに便秘になってしまいます。このような便秘は、食物繊維をしっかりと摂ることで、解消できます。

 

 

また、軽い便秘の人であれば、食物繊維を摂って腸を刺激してあげると解消することがあります。

 

 

食物繊維を摂ると症状が悪化してしまう便秘

下痢と便秘を繰り返すような症状がある場合は、食物繊維を摂ると症状が悪化します。下痢と便秘を繰り返す便秘は、ストレスや寝不足などで自律神経が乱れ、腸が痙攣をしてしまうことで起こります。

 

 

豆類や野菜に多く含まれている不溶性食物繊維は腸を刺激し動きを活発にさせるので、痙攣が悪化してしまいます。このようときは、昆布やわかめ、こんにゃくなどに含まれている水溶性食物繊維を摂りましょう。水溶性食物繊維は水を含むとゼリー状になるので、腸を刺激しません。

 

 

また、慢性的な便秘の人は、食物繊維を摂ったくらいでは症状は回復しません。逆に、腸の動きが悪く便が排泄できていないところに、食物繊維を摂ることで便の量が増えてしまうので、お腹の張りや膨満感を引起します。

 

 

このような慢性的な便秘の人は、まずは適切な便秘(※)を使い、溜まっている便を出しましょう。その後、腸に再び便を溜め込まないように、何をどのくらい食べるのか、考えながら食事を行いましょう。

 

 

(※)便秘薬(下剤)は市販品ではなく、病院で診察を受け、処方されたものを服用しましょう。

 

 

徐々に、腸の動きが良くなり、薬を減らしても大丈夫なかるい便秘になってきます。その後は、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖、軽い運動などで腸内環境を整えていきましょう。

 

 

ウンチを柔らかくする食べ物