産後ダイエットで便秘が悪化

産後ダイエットで便秘が悪化|食物繊維を食べて便の量を増やす

芸能人を見ていると出産した後に、すぐに体形を元に戻して芸能活動を復帰させる人が多いですよね。そんな芸能人を観ていると、産後すぐに体重を元に戻したいと思う人も多いと思います。

 

 

しかし、少しでも早く体重を元に戻したいからといって、食事制限をしてはいけません。摂取する栄養が減れば、母乳に含まれる栄養も減ってしまいます。赤ちゃんのためにも栄養一杯の母乳を作ってあげましょう。

 

 

また、食事制限は便秘にも悪いので気を付けてください。便の元となるのは食べ物の残りカスなので、食事制限をすると、作られる便の量も減ります。便の量が少なくなると腸の中を移動するスピードが遅くなります。

 

 

すると、便に含まれている水分はどんどん吸収され、硬く渇いた便になります。これが食事制限により起こる便秘の仕組みです。

 

 

授乳中は、ホルモンの影響により痩せやすい状態になり、授乳をするだけでも600〜800キロカロリーも消費されています。食事制限をしなくても体重は徐々に減るので、焦って極端な食事制限をすることは避けてください。

 

 

便秘を悪化させない太らない食生活

お肉よりも野菜中心
お肉は高カロリー、高タンパク、高脂肪食品です。体重を増やすだけでなく、腸内にいる悪玉菌を活発にさせ、腸の動きを鈍られ、便秘を悪化させます。

 

 

野菜は、カロリーも低く、食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維は、腸の動きを活発にさせ、さらに便を作る元にもなるので便秘解消にもつながります。野菜は生よりも温野菜やお鍋にすると食べやすくなります。

 

 

ケーキや和菓子でなく果物
ケーキや和菓子には、砂糖やバターなどがたっぷり使われているので、カロリーも高く、腸内環境も悪化させます。甘いものを食べたいときには、果物や寒天ゼリーにしましょう。

 

 

砂糖を使いたいときには、オリゴ糖を使いましょう。甘さは砂糖ほどないですが、カロリーは砂糖の半分以下です。さらに、オリゴ糖は善玉菌の1つであるビフィズス菌のエサ
になり、ビフィズス菌を増やすことにもなります。

 

 

便秘解消にはカイテキオリゴがおススメです。詳細はこちらに書いているので、参考にしてください。